にしだゆきの郡山暮らし㉘「娘、ふーちゃん。」

今日は、娘ふーちゃんの話バカリ。

いよいよ、不動産のことは何も書いていないよ。


--------------------------------------



「わたしね、おぼれ息つぎ(※)で25m泳げたの!」

(※ふーちゃんの必殺技。はたから見れば溺れているようにしか見えない、最狂最弱の呼吸法。)

ほんまかいな。と思いつつ、ふーちゃんの毎日のお話は、おもしろくて、おかしくて、

大好き。

ふーのまくらもとに置いてある「ぜっっったい見ちゃダメ!」って書いてある日記帳。

すきな男の子のことが書いてあるんだって。

 

西田のひとり娘、ふーちゃん。




今日まで8歳。明日から9歳。

 

ふーちゃんを抱いて歩いてた頃は、会う人会う人に「若いママだね!」って言われて、

いつも気持ち良くなっていたけど、最近は隠しきれないPTA感。

そりゃそーだ。

ふーが9歳ってことは、私はこの冬31になる。

子どもを育てる毎日のなかで、私のビックリ仰天センサーの感度はどんどん鈍くなってきた。

PTA特有の重心の低さも板についてきたよ。

どんとこい。

 

 

私は、他の人より少しだけ早く親になって、

その頃はふーの親になることと引き換えに色んなことを諦めた。なんて、

ちょっと気持ち悪いような青臭い生意気なことを思っていたけど、

実際はそんなことなかったかもなぁ。って思うよ。

 


(今日はふーちゃんがお弁当の日だから、私の昼ご飯も豪華よ。)



そのくらい、今が楽しいよ。

こどもがいりゃあ、そりゃ少し制限されることもあるけど、

(昨日の夜、宅建協会の勉強会があって、私はそれにどうしても行きたかった。

ふーちゃんのお迎えと夕飯を旦那に頼もうとしたら「こっちも仕事終わんない。」って言われてね。

『おーーーーーい!うちは共働きだろーー!

 お互いにフルタイムで働いてるんだから、たまには譲歩せーーーい!!!!』って思って、

すごい勢いで児童クラブ帰りのふーちゃんに愚痴を言ったのは内緒よ。

そうしたらふーちゃんが、「ほんとうだよね!!ママもちょっとだけ悪いけど、あとのいっぱいはパパが悪いね!」って一緒に怒ってくれて私は浄化された。

8歳ラストスパートのふーちゃんの浄化作用はすごい。

備長炭もびっくり。

ふくふくした平和な見た目と、適度なユーモアに優しさ、私は菩薩を産んでしまったのか。)

 

仕事と暮らしのバランス。

家事分担、というより西田家の場合はふーちゃん分担。

お互いにフルタイムで働いている+ゆず彦は残業あり。

もうちょっとよく話して歩み寄らないといけませんな。

まずはゆず彦の貝をこじ開けるところからはじめます。難敵だわい。

 

 

ちょっとゆず彦への愚痴が幅を利かせてしまったけれど、

私と同じ顔をしたふーちゃんがいる私の人生は、しあわせのかたまり。

 

 

 


雨ばかりの毎日が終わったら、今度は灼けるみたいな毎日よ。

良い塩梅がわからないのは、神様も同じね。

 




このじりじりのおかげ様で、我が家の梅はよく干しあがって、

昨日たっぷりの穀物酢と少しの氷砂糖に漬かりました。

半年後まで、おやすみなさい。

 

これから毎日樽を覗いては、溶けた氷砂糖を足して、樽を揺すって。

あぁ、そうだ。もみ紫蘇も入れなくちゃ。

なんだか忙しくって紫蘇仕事がまだできてなくて、うちのこまだ白いままなのよ。

お宅はどーう?

 

お客様から大きくて綺麗な梅をたくさんいただいて、

ふーちゃんと職人のように梅仕事をしたわ。

今年はできないかな、って思ってたからふー職人は小躍りよ。

 



砂糖を変えた二つのシロップ。

今年はふーちゃんがひとりでせっせせっせ。

 

残りの梅はぽたぽた漬けに。

長野で食べられているお茶請けの甘い梅だそうな。

ふーちゃんと梅のなり口を取りながら、

「このぽたぽた漬けは、日頃お世話になっているみんなに配ろう。」って話して。

まずは、いつもありがとうのふーちゃんに。

ふーちゃんは私に。

それからこんなにたくさんの梅と楽しい時間をくれた優しいお客様に。

私の実家の家族に。私のきょうだいのところにはるばる。

ゆず彦の家族に。

いつもありがとうのともだちに。

いつもお世話かけて悪いね。の職場のみんなに。

ふーの大好きな先生方に。

いつも仲良くしてくれるだいすきなお友だちに。

 

ふーのあげたい人がたくさんで、私はうれしい。

 

真夏に漬けたぽたぽた漬けが出来上がるのは真冬のきんきんの寒いとき。

半年も経てばふーもまた大きくなって。

私はまた何か違う色々でてんやわんやしてるだろうけど、きっと愉快。

 

今日はふーちゃんの誕生日イブ。

フライングしてケーキは今日食べるよ。

夕飯は一緒にチャーハン作ろうね!って約束したの。

 

今日も一日頑張ります!

相も変わらずタスクはモリモリ☆



(スパイスカレー教室のリハ。

 定員6名の2回開催は満員御礼。あとは歌って踊って作るだけ。

 その資料も、作るだけ。(白目)


西田友希の画像

この記事を書いた人:西田友希
年の離れた主人と、娘が一人ずつおります。 暮らしの変化により、娘の転校も経験しました。 そして我が家も土地探しからのマイホーム計画中! 家族のこと、家のこと、暮らしのこと、なんでもお話しましょう!

前へ 「にしだゆきの郡山暮らし㉗「私が◌◌になったら?」」

記事一覧

「にしだゆきの郡山暮らし㉙「思い出散歩」」 次へ